私の雪山登山服 モンベルのメリノウールとGORE-TEX押し!

雪山装備の揃え方 登山服」で、雪山登山時の服装の揃え方について記載しました。
ここでは、私が実際に来ている雪山登山服を紹介します。

ベースレイヤー

これは妻からもらった誕生日プレゼント。
どこのメーカーのものかわかりませんが、メリノウール100%の長袖です。
首元に胸まで下りるチャックがついており、暑い時には胸まで下して歩いています。

ミドルレイヤー

こちらはモンベルのメリノウール100%のチェックシャツです。
いわゆる「山シャツ」と言われている、Old Fashionですね。
最近は密着性が高く、胸まで下りるチャック式のものが主流ですが、暑い時には前を全開放したいので、前面を完全に広げられるボタン式を愛用しています。

アウター

こちらもモンベルです。
ドロワットパーカーという、GORE-TEXで保温材入りのものです。
最近は保温材なしのものにして、代わりにミドルにフリースなどをもう1枚着るというのが主流ですが、スキーでも使用するため保温材入りにしています。
これは風を完全にシャットアウトするので暖かく、色違いの真っ黒のものを日常生活でも愛用しています。

パンツ

やはりこれもモンベルで、GORE-TEXで保温材入りのインシュレーテッドアルパインパンツというものです。
こちらもスキーでも使用しているものです。
特に下半身は途中で着脱などしづらいので、保温材入りのものでよいと思っています。
ちなみに、この中に夏でも着用するスポーツタイツを履いています。

ソックス

靴下もやはりモンベルのメリノウール100%。
メリノウール アルパイン ハイソックスです。
購入当時にメリノウール エクスペディション ハイソックスという、さらに分厚いものが出てきていたように記憶しています。
次に買うとすれば、このエクスペディションのほうにしますね。

グローブ

インナーとアウターの2レイヤーにしています。
インナーはColumbiaのフリースと、モンベルの薄手のメリノウール。
雪山に行く際には必ず予備のインナー手袋を持参します。

アウターはColumbiaのGORE-TEXのグローブ(上記は買ったものと同一ではないようですが)。
このアウターグローブは少し寒いのと表面が弱い感じがするので、もっと温かく表面が頑丈なものを買いたいなと思っています。

バラクラバ、ネックウォーマー

顔や首元の防寒具です。
実はこれが一番の悩みの種になっています。

画面右下のネックウォーマーと、その上のニット帽が標準装備です。
ただ、強風にさらされた際には、耳や鼻や頬などが痛くなるので、やはりバラクラバが欲しくなります。
バラクラバとは、日本語では「目出し帽」と言い、目の部分だけ出て、その他の部分はすべて覆い隠すものです。
雪山で強風が吹く際には必須アイテムです。

最初に買ったのは左上のモンベルのバラクラバ。フリース生地です。
これだと暖かいのですが、すぐにメガネが曇ってしまいます。
メガネをしている人にとって、メガネが曇るのは致命傷です。

そこで、ネットで評判の良かった右上のOUTDOOR RESEARCHのウインドストッパー ゴリラ バラクラバを買いました。
確かに多少曇りづらい気がするのですが、やはりメガネが曇りますし、使い勝手がそれほどよくないです。

そこで、モンベルで、鼻から下のみのバラクラバ(というよりも、鼻付きのネックウォーマー)を買ってみました。
こちらも使用してみると、やはりメガネが曇ってしまいます。
OUTDOOR RESEARCHのゴリラ バラクラバが一番ましなのかな、というのが現状です。

サングラス、ゴーグル

雪目にならないように、雪山ではサングラスやゴーグルは必須です。
私はメガネをしているので、メガネの上からサングラスやゴーグルをしています。
二重になっている分だけ空気がこもって曇りやすいので、通常はサングラスです。
しかし、強風が吹く状態になると、防寒重視でゴーグルにします。
ゴーグル+バラクラバにすると、メガネがすぐに曇ってしまうので、困りものです。
サングラス+バラクラバでも曇るのですが。。。

最後に

アウターはGORE-TEXばかり、インナー&ミドルはメリノウールばかり、という状況です。
雪山登山服は命にかかわるものなので、やはり信頼のおける製品を使いたいという意識の表れですね。
よければ、「雪山装備の揃え方 登山服」も参照ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です