御嶽山@20190803

噴火以降、基本的に山頂部は立ち入り規制がされていますが、2019/7/1〜10/16に立ち入り規制が一部解除され、山頂へアクセスできるようになりました。

https://www.town-kiso.com/bousai/bousai/100206/100208/

木曽町サイトより

5月後半の3泊4日での北アルプス縦走以来、2ヶ月以上ぶりとなる登山として、行ってきました。

合計距離: 11.8 km
累積標高(上り): 1614 m
累積標高(下り): -1627 m

久々の登山なので、ロープウェイを使って、楽々登山。

少し歩くと、七合目の行場山荘。
白装束の人が多く、山岳信仰の山であることを思い出します。
この日はそれほど距離もないので、トレーニングも兼ねて、少しハイペースで登っていきます。

続いて八合目の女人堂。

ここまでは樹林帯であまり景色がききませんが、女人堂からは山頂部が見えます。
ここから先は森林限界を超え、太陽が照りつけます。

振り返ると、伊那の町は雲海の下。

北には乗鞍。
夏で雲も多く、また霞んでいて、北アルプスはあまり見えませんでした。

独立峰で、また火山なので、富士山と同じような雰囲気です。

山頂に近づくにつれて、噴火の痕跡が色濃くなります。

仏像が黒いのも、水蒸気爆発の際の熱のせいでしょうか。

山頂への最後の登り。

山頂には、避難のためのシェルター。
規制解除のために、役場などがいろいろと大変だったろうなと思わされます。

シェルターの横には、石碑。

山頂にある奥社へは階段を登っていきます。

灯籠は傾いたり、壊れていたり。

頂上の小屋も壊れたまま復旧していません。

新しい頭部が逆に痛々しい。
合掌。

火口部は立ち入り規制中。

こちらはニノ池方面。

ニノ池のアップ。
不思議な色をしています。
これから向かいます。

上から見た際に、右側に白く見えていたのは砂地でした。
少し前まで雪解け水があったんでしょうね。
波打ち際のようです。

そして、エメラルドグリーンのように見えていたのは、雪解け水の水たまり。
エメラルドグリーンの色は火山の成分のせいでしょうか。

ニノ池を過ぎて、継子岳方面へ。
途中の鞍部はサイノ河原と呼ばれるところ。
縞模様で緑と砂地が入り混じり、確かに賽の河原ですね。
山岳信仰の山になる理由がわかる気がします。

こちらは三ノ池。

先に進んで摩利支天まで来ると、継子岳もよく見えます。
もともとは継子岳まで行く予定でしたが、曇っていて北アルプスも見えなさそうなので、下山することにします。

帰り道にサイノ河原を見下ろして。
独立峰だけれど複数ピークを持っていて、そのピークの間がのびやかな&おおらかな景色で、また池が点在して、雄大な印象です。

おそらく何百年と変わらぬ自然の景色と、人の営みをいとも簡単に崩壊させた噴火の痕跡。
自然の温かな大きさと、自然の冷ややかな大きさを感じた山旅でした。

山頂部を見上げる石仏。何を思う。

こちらの記事もどうぞ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です