登山服のベースレイヤー 汗臭対策でポリエステル100%は避ける

登山の服装は、ベース、ミドル、アウターの3レイヤに分けて薄手のものを重ね着しましょう、と言われていますね。

  • ベースレイヤー:肌に触れるインナーウェア
  • ミドルレイヤー:保温するための中間着
  • アウターレイヤー:一番外に着る防風、防水のための服

レインウェアも含めてアウターが外から見えて目立ちますし、どれを選ぼうかと気になるところですが、今回は一番地味な、でもとても重要なベースレイヤーの服について。

ベースレイヤーは速乾性だけでいい?

ベースレイヤーは登山の際の肌着です。「汗が乾きやすい化繊素材のものを選びましょう」と言われていて、それが最重要なわけですが、実際に登山をしていると気になるところが色々と出てきます。

  • 汗で身体を冷やさないようにする(綿が少しでも入っているものは避ける
  • 汗が乾いたときに臭くないものがいい(化繊独特の臭いは避けたい)
  • 疲労を抑える機能があると嬉しい

体を冷やさないためには化繊素材がいいけれど、夏など大量に汗をかくと化繊素材はとても臭い。。。
「化繊素材」と記載していましたが、登山服の化繊素材はほとんどがポリエステル100%です。そして、このポリエステル100%の服を着て大量の汗をかくと、異様な臭気を発します。この服を着て電車やバスに乗るのは、周囲にとっては大迷惑です。

乾きやすいポリエステル100%だが、ポリエステル100%だと非常に臭い。この相反する問題をどう解決するかが難題で、私自身もまだ完璧な答えを見つけられていないのですが、色々試して自分なりの最適解を作りましたので、そのノウハウを共有します。

暑い時期の日帰り登山でのベースレイヤー

暑い時期の日帰り登山は、以下のような特徴になると思います。

  • 比較的低山が多い=登山中も寒くならない
  • 日中だけで夜がない=寒さへの考慮が不要
  • 登山中の服を着るのは、その日だけ

つまり、ひたすら暑くて汗を大量にかく、ということですね。

一番簡単な対処方法としては、下山時に着替えて、汗をかいた服は密閉してザックに入れる、ということです。
ザックに入れていても臭いが漏れて出てきますので、ある程度の密閉性があるものがいいですね。

ただ、この方法だと芸がないので、別の方法も。
夏山用のベースレイヤーというとポリエステル100%がほとんどですが、ポリエステルとウールの混紡という製品もあります。20%でもいいのでポリエステル以外のものが混じっていると、それだけで臭いはグッと抑えられます。
例えば以下の商品は「ウール」と記載されていますが、ウールは11%。夏にはピッタリだと思います。

それじゃあ常にポリエステルとウールの混紡にすればいいじゃないか、と言いたいところですが、ポリエステルとウールの混紡にはデメリットもあります。

  • 値段がポリエステル100%に比べて高い
  • ポリエステル100%よりも暑く感じる
  • ポリエステル100%よりも速乾性に劣る

なかなか難しいです。
結論としては、春や秋の登山だとポリエステルとウールの混紡、真夏はポリエステル100%で着替えを持参、です。ベースレイヤーに限らず、暖かい時期のミドルレイヤーも同様です。

ちなみに、私は試したことがないのですが、パタゴニアのキャプリーンという素材を使った服は、防臭効果が高く、臭いがあまり気にならないそうです。
ただ、値段が高いですね。。。私が購入に踏み切れない理由が、この値段の高さです。

こうした防臭効果の服は各社が出しています。
モンベルのウィックロン、フェニックスのデオシームなど試しましたが、それほど防臭効果を感じませんでした。キャプリーンだけは抜群の効果なのかもしれませんが、値段の高さにビビッて買えません。。。

暑い時期の泊りの登山でのベースレイヤー

続いては泊りの登山の場合ですが、日帰りとは異なる点があります。

  • 夜は寒いので、防寒性能も必要となる
  • 泊りの場合は高山に行くことが多く、防寒性能が一層重要になる
  • 2日目もあるので臭いが強いままだと辛い

つまり、暑さ対策もあるものの、防寒対策も必要となってきます。ポリエステル100%では速乾性が高すぎて、寒く感じることもあります。

春や秋の日帰り登山に最適なポリエステルとウールの混紡もいいですが、私は暑さ対策を犠牲にしてウール100%を着ています。

ウールと言っても、各社出しているのはほとんどメリノウール100%です。メリノウールには以下のようなメリットがあります。

  • 保温力が高い
  • 防臭性能が高い
  • 通気性が比較的高い
  • 肌触りがいい

ただ、デメリットもあります。

  • 速乾性が低い
  • 素材が絡みやすい。傷みやすい
  • 価格が高い

ということで、汗をかいた際の速乾性が低く、それほど長持ちしないのですが、保温力と防臭性能を取って、メリノウール100%を着ています。
速乾性が低いということで素材が汗をため込んでいるのですが、メリノウールの場合、寒く感じません。メリノウールの素晴らしいところです。

私の場合、暑い時期の泊りの登山では、ベースレイヤーにメリノウール100%、ミドルレイヤーにポリエステルとメリノウールの混紡というスタイルです。

寒い時期の登山でのベースレイヤー

寒い時期でも歩いていると暑いのですが、何といっても保温力が重視されます。
ということで、個人的には寒い時期のベースレイヤーはメリノウール100%一択です。

雪山登山の時には、メリノウール100%の長袖インナーに、メリノウール100%のミドル、GORE-TEXのアウター、というスタイルです。
雪山では保温力が命にかかわるので、値段の高さは気にせず、メリノウール一択です。

疲労防止

ここまで吸湿速乾性と防臭性の観点で素材の話をしてきました。こうした話は上半身のベースレイヤーの話が中心となるのですが、下半身にも当然ベースレイヤーは必要になります。では、下半身はどうするの?という話です。

下半身でも素材については同じ考え方です。

  • 綿が少しでも入っているものは避ける
  • 季節に合わせてポリエステル100%か、ポリエステルとメリノウールの混紡、メリノウール100%を選ぶ

ただ、下半身と言えば、全身の中で一番疲れやすい足があります。ベースレイヤーに疲労軽減効果のあるものを着用すると、ありがたいですね。いわゆるスポーツタイツです。
メジャーなところでは、ワコールのCW-X、C3fitなどがあります。店頭で実際に着用して、体にフィットするものを選びましょう。私は、ミズノのBG8000というものを着ています。

ちなみに、こうしたスポーツタイツを履く際に、直接着用するのか、それとは別に下着を着用するのか? どちらでもいいようです。私はスポーツタイツのみでその上にズボンを履いていますが、下着を履いている人もいます。好みの問題でしょうね。

最後に

ベースレイヤーでは吸湿速乾性ばかりが強調されますが、実際に登山をするとかなり防臭性も気になります。防臭性も気にしつつ、季節に合わせて素材を入れ替えると、快適に登山ができますね。財布と相談しつつ、徐々に装備をそろえていけるといいですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です