私の登山靴の使い分け(予定) トレランシューズ、アルパインクルーザー2000, 3000

以下の記事のように、メインの登山靴のモンベル アルパインクルーザー2500で水が染みてくるようになりました。

モンベル アルパインクルーザー2500を縦走用、雪山登山用として使用してきたわけですが、買い替えが必要です。
以前から雪山登山用としては限界を感じていたので、これを機に登山靴のラインナップを見直すことにしました。
まだ購入まではしていませんが、以下のラインナップにする予定です。

  • トレランシューズ(トレイルランニングシューズ)
    • 日帰りのハイキング(ライトな登山)や高速ハイク用
    • 一般的にはハイキングシューズかトレッキングシューズを使用
  • 重登山靴
    • 夏山の縦走や、岩場や上部に残雪があるような山に行く用途
  • 雪山登山靴
    • 厳冬期に対応できる保温材のしっかり入った雪山専用の登山靴

トレランシューズ

日帰りのハイキング(ライトな登山)や高速ハイクを行うための靴として、トレランシューズを新調することを考えています。
一般的にはハイキングシューズやトレッキングシューズのほうがいいと思いますが、私の場合はトレランシューズのほうがいいかと思っています。

  • 歩きこんでいて足の筋肉がしっかりしているので、ハイキングシューズやトレッキングシューズほど足を守っていなくても問題ない
  • トレランシューズのほうが軽い
  • 出張などに持っていくときに、トレランシューズのほうが小さくて、スニーカー代わりにできるし、持ち運びに便利

現状持っているトレランシューズは以下のSalomon XA PRO 3Dです。

GORE-TEXで、多少濡れている登山道でも気にせず歩けるところも気に入っています。
ただ、靴底の溝が浅くてグリップ力が弱く、雨や雪の降った後は滑りやすいので、次回買うならもっと靴底の溝の深いものにしようと思っています。
実際に履いたことはないのですが、グリップ力が強いという噂の以下を買いたいなと思っています。

重登山靴

こちらは春~秋にかけてハードな登山をするための靴という位置づけです。
テントを担いで縦走したり、岩場を通ったり、上部に多少残雪が残った高山に行ったりするには、やはりトレランシューズより重登山靴のほうがいいという考えです。

  • 靴底(ソール)が硬いので、歩くときに足裏がてこの原理で体を前進させられて疲れにくい
  • 靴底(ソール)が硬いので、足場が悪い岩場などで、つま先立ちで安定させられる
  • 靴底が固いほうが、地面の凸凹を吸収してくれるので、足への負担が小さい
  • 足首まで覆っているし防水がしっかりしているので、雨や雪が靴の中に入りにくい
    • 一般的には足首を覆うことで捻挫など足を守る要素もありますが、歩き慣れていれば、その要素は必要ないかなと思っています。

私は足の形が平均的なのか、どの登山靴を履いてもあまり違和感がないので、比較的安く、品質も良く、サポートがしっかりしているモンベルの靴にしようと思っています。
以下のどちらかだろうと思っています。

アルパインクルーザー2500のほうが皮の部分が多くて、頑丈で硬くてかなりの雪にまで対応しますが、重くて高いです。
厳冬期用登山靴を購入することを考えると、アルパインクルーザー2000でいいかな、と思っています。
このあたりの最終判断は、2つの靴を履き比べて判断ですね。

雪山登山靴

これまでアルパインクルーザー2500で雪山登山をしてきましたが、保温性に限界を感じていたのも事実です。
そこで今回は厳冬期の雪山に対応する登山靴を新調しようと考えています。
雪山登山靴としてモンベルはそれほど見かけないのですが、まずは比較的安く、品質も良く、サポートがしっかりしているモンベルの靴を試し履きしてみようと思っています。

履いてみて足に合わないようであれば、別の登山靴を試し履きする、ということになりますね。
あとは、現在持っているグリベルG12のアイゼンを持参して、雪山登山靴と合うか、合わなければアイゼンも新調する、ということになってしまいます。

終わりに

登山靴はそれほど頻繁に買い替えるものではないですし、自分のレベルアップに合わせて行く山も変わっていくので、登山靴のラインナップをどうするかは難しいところです。
実際に試し履きをして、足に合った靴を揃えたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です