登山中の水分補給はハイポトニック飲料 ポカリは薄めて塩を足す

登山中のこまめな水分補給は、疲れにくさや長時間の持久力に大きく影響しますので、ハイドレーションを使うことがオススメです。
ハイドレーションを使うだけでも効果が大きいのですが、そのハイドレーションに入れる飲み物にも工夫をすることで、効果はさらに大きくなります。
以前は長時間歩くと消化器系(おそらく肝臓)が疲れて登山後に食欲がなくなっていたのですが、飲み物を工夫することで長時間歩いても消化器系(おそらく肝臓)の疲れがかなり抑えられるようになりましたので。
具体的には、ポカリを薄めて塩を足すということなのですが、その詳細をお伝えします。

アイソトニック飲料 vs ハイポトニック飲料

スポーツ飲料は大きく分けて、アイソトニックとハイポトニックの2種類があります。

アイソトニック飲料ハイポトニック飲料
どういうもの?ヒトの安静時の体液と同じ濃度の飲み物ヒトの安静時の体液より薄い飲み物
糖質濃度4~8%2~3%
ナトリウム (100ml中)40~55mg40~55mg
運動前の補給
運動中の補給
商品例ポカリスエット、アクエリアスアミノバリュー、アクエリアスゼロ

アイソトニック飲料ですが、安静時は体液と同じ浸透圧のため、水分・糖分・塩分がバランスよく吸収されます。
しかし、運動をして汗をかくと、塩分も多く体の外に出てしまい体液が薄くなるので、アイソトニック飲料では水分の吸収スピードは少し遅くなります。
このときに濃度の薄いハイポトニック飲料だと、効率よく水分が吸収されてよいというわけです。
脱水症状の際の経口補水液も、ハイポトニック飲料の一種です。

ハイポトニック飲料の作り方

ということで登山中はハイポトニック飲料が最適なわけですが、アイソトニック飲料ほどメジャーではなく、価格もやや高めです。
ということで、私はいつもポカリスエットの粉を薄めて作っています。

糖質濃度を見てみると、ハイポトニック飲料はアイソトニック飲料のざっくり半分です。
ということで、ポカリスエットの1L用粉末を、2Lの水に溶かせばOKです。
ただ、こうすると塩分も半分になり塩分が足りなくなるので、1g程度の塩を溶かせばバッチリです。

ポカリスエットの粉末はテント泊の際にも持参し、現地で確保した水に溶かすことで、現地でもハイポトニック飲料を作れますので、オススメです。
液体の状態で持っていくより、圧倒的に軽いですからね。

最後に

以前はポカリスエット1L用粉末を2Lの水に溶かすのみだったのですが、長時間の登山をすると消化器系(おそらく肝臓)が疲れて食欲が落ちていました。
これが塩を足すというひと手間を加えただけで、長時間の登山をしても消化器系(おそらく肝臓)がグッと小さくなり、登山後にもしっかり食事をとれるようになりました。
やはり塩分補給も重要ですね。

ポカリスエットを倍に薄めて塩を足した飲み物、ぜひ試してみてください。

なお、効率的に水分補給するために、ハイドレーションの利用もオススメです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です